FC2ブログ

記事一覧

スーパーボウル史上最少得点のロースコアゲーム SUPERBOWL LIII回顧

SUPERBOWL LIII(2019/2/3、アトランタ・メルセデスベンツスタジアム)
ニューイングランド・ペイトリオッツ O 13-3 X ロサンゼルス・ラムズ

オフェンス全盛のNFLで、その中でも高い得点力を有する両チームが、スーパーボウル史上最少得点のロースコアゲームをするとは、全く予想できなかった。ラムズのディフェンスが13失点というのは考えられたけれども、ペイトリオッツのディフェンスがラムズに3点しか与えなかったのは今シーズン最大の予想外れであった。

実際、ペイトリオッツが対戦相手を7点以下に押さえたのはレギュラーシーズン16試合中3試合しかなく、それも同地区の3チームだけである。ペイトリオッツディフェンスは今シーズン最高の出来でSuperbowlに臨んだということである。

昨日のゴフが、サードダウンを成功させたのは13回中3回だけである。サードダウンロングでパスを失敗するのは仕方ないとしても、サードダウンショートでパスにヤマを張られていたことが3回ほどあった。それだけ、マクベイ&ゴフのオフェンスが研究されていた。

スカウティングということで言えば、ガーリーが本調子にないということをペイトリオッツは見抜いていて、それもあってここ一番でランはないとヤマを張っていたようである。2週間も試合間隔が開いてどうしてそこまで分かったのか、空おそろしいことである。

ブレイディの調子もよくなくて、サードダウンの成功率はゴフとほとんど変わらない。それでもオフェンスを進めることができたのは、これまでのようにホワイトを使わず、バークヘッドでラムズの裏をかいたことが大きい。MVPエデルマンがあのコースに走るのはいつものことだが、ほとんど唯一のロングパスをグロンコウスキーに通したのもTDに結びついた。

結果だけみると、ラムズの若いHC、QBが百戦錬磨のペイトリオッツにしてやられたということになるが、この試合への事前準備や戦略の機微は、それだけで片付けられないと思う。

ほとんどすべての人がハイスコアゲームを予想している中で(トニー・ロモは28-24と予想していた)、もちろんラムズもそのつもりで準備しているのに、ベリチックはロースコアゲームにすることができると考えていて、ブレイディもそのつもりでプレイしていたということである。

最初のプレイがINTで攻守交代した時には大味な試合になるかと思ったが、引き締まったいい試合で緊張感をもった攻防で終盤まで楽しく見ることができた。インターセプトもディフェンスをほめるべきであり、つまらないファンブルやミスもなく、欲を言えばFGミス1本ずつが余計だったけれども、いい試合だったと思う。

とはいえ、レイヴンスとベアーズが戦った訳ではなく、ペイトリオッツとラムズが戦ったのだから、全く予想外の試合展開であった。この日一番うれしかったのはベリチックで、次にブレイディとマクダニエルズ、悔しいけどまあがんばったのはウェイド・フィリップスで、悔しくて眠れないのはマクベイとゴフだろう。

p.s. NFL関連記事および2004シーズン以来の星取表はこちら

↓どれかクリックしていただければうれしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ

コメント

ペイトリオッツ6度目の世界一

 第53回スーパーボウルは13対3という史上1位のロースコアでペイトリオッツが6度目の優勝を飾りました。ラムズに肩入れしていた私としては残念な結果になりまししが、屈指のディフェンスマッチとして歴史に残る試合だったと思います(昨年と大違いだった)。

 ただ、ラムズのオフェンスが悪すぎて、全く点を取れそうに見えなかったことが、この試合を少々パッとしないものにしてしまったことも否定できません。その大きな理由はオフェンスラインがゴフを守り抜けず、彼に常にプレッシャーがかかっている状態で試合が続いたことにあったと思います。
 一方でラムズのディフェンスとパンターのヘッカーの健闘が試合を接戦に持ち込む大きな要因になりました。特にヘッカーのパントが非常に悪い場所からフィールドポジションを回復し続けたことがディフェンスに守り抜く余裕を与えていたと思います。彼がいなかったら大差でペイトリオッツが勝っていたかもしれません。

 私が予想外だったのは会場の観客の多くがペイトリオッツに味方していたこと。これは「本当ならセインツが出ているべきだった」と思った人が多かったからかもしれませんが、経験の乏しいラムズにはきついことでした。

 なお、今回の大会の人気はどうも今一つだったようです。どうやら「もはや見飽きた」と思われているペイトリオッツと、「ミスジャッジでNFCを制した」ラムズとの組み合わせがまずかったのか、久しぶりに視聴者が1億人に達しなかったのだとか。確かにチーフスとセインツのどちらか一方でも出場していたらもう少し人気を集めたかもしれません。

 いずれにせよ今年もペイトリオッツの覇権は揺るがないということになりました。このままではNFL全体に閉塞感が充満しそうなので、来年度こそは新鮮な組み合わせのスーパーボウルを見たいなと思います(なにせペイトリオッツは2002年から平均すると大体2シーズンに1回スーパーボウルに出ている計算になる。これはいくらなんでも多すぎる)。そのためにはAFCのペイトリオッツ以外のチームに頑張ってもらわねばなりませんが、特にペイトリオッツが楽々と君臨し続けているAFC東地区のチームの奮起が求められます(10年間もペナントを独占されるなど恥でしかない)。ここで確実に地区優勝できることが、ペイトリオッツに「プレーオフを見据えたチーム作り、調整」を行うことを容易にさせていることは明らかですし。

 それではまた。来シーズンはもっと面白いNFLになってくれるといいですね。

コメントありがとうございます

>> ビートルさん

コメントありがとうございます。

> 「もはや見飽きた」と思われているペイトリオッツと、「ミスジャッジでNFCを制した」ラムズとの組み合わせがまずかったのか、

なるほど、現地では人気が今一つだったんですか。確かに、ジレットスタジアムと思わせるようなクラウドノイズは異様でしたが、おそらくTVで「あの」パスインターフェアをしつこく流したんでしょう。

コミッショナーもリプレイを検討すると言っているように、あのミスコールでSuperbowlに出てくるチームが違ってしまったし、マクベイよりペイトン、ゴフよりブリーズの方が人気があるでしょうから、そういう影響があったのでしょう。

もう何年も前から、Superbowlはフットボールのチャンピオン決定戦であるだけでなくアメリカの国民的行事になっていますから、ああいう人為的ミスが数字にハネ返るというのは、さすがアメリカというか、うらやましく思います(うらやましくない点も山ほどありますが)。

おそらく、ファーヴ最後のチャンスがOTのコイントスで潰れたことがOTルールの改正につながったように、今回のケースも速やかにルール改正となるのではないでしょうか。

このシーズンオフはブラウンとベルの移籍もあるし、いろいろ盛り上がりそうで、半年があっという間に過ぎそうです。ではでは。

No title

仕事中は懸命に試合情報を見ないように頑張ったのですが
うっかり夕方のニュースを目で追ってしまい
点差はわからなかったものの

「ペイトリオッツ勝利」の文字を見てしまい
(やっぱり予想通りだったのかなあ・・・)
と思いました。

この日は遊び(モチロンポーカーです)で遅れて
試合を観始めたのですが第4Qの中盤得点表示の

「10-3」

を見てビックリ!したのはいうまでもありません。

改めて試合を見ての感想ですが予想通ベリチックの作戦勝ちという気がします。
ペイトリオッツ前半のFG外し&4ダウンギャンブルが成功していたら一方的なゲーム展開になっていたかもしれません。

獲得ヤードに大差がついても試合を壊さなかったラムズも大したものですし
クックスが2本中1本でもタッチダウンパスを
キャッチしていればもっと白熱したと思います。

(それでもベリチックが何とかごまかしてペイトリオッツが勝ちそうと思ってしまうのは私だけではないはず)

プレイオフに入ってからのゴフのパスは常に疑問視していたので
予想は当たったのですがペイトリオッツのランが予想よりも出たのは以外でした。
グロンカウスキーのブロックが強かったのでしょう。

さて、半年間のお休みに入る訳ですが
イーグルスのN.フォールズは移籍しないのでしょうか?
来期、マホームズはいくつTDを獲得するのでしょうか?
来年のプレーオフでチーフス対ペイトリオッツ戦を
今から楽しみにしています。


まぐれとは言え私のプレーオフ予想6勝1敗は自慢していいですよね。


コメントありがとうございます

>> Saitoh さん

コメントありがとうございます。先に結果が分かってしまったのは残念でした。

> ゴフのパスは常に疑問視していたので

とくにレギュラーシーズン終盤からおかしかったですね。だったらランをもっと使えばよかったのに、ガーリーが長時間使えなかったんでしょう。

昨年セインツをラストプレーで逆転したヴァイキングスがチャンピオンシップで一蹴され、今年はセインツをミスコールで逆転したラムズが0TDで敗れ、ペイトンとブリーズの祟りかと思うくらいです。

> まぐれとは言え私のプレーオフ予想6勝1敗は自慢していいですよね。

おめでとうございます。まぐれなんてとんでもない。私はチャンピオンシップ以降全敗でした。

また来年、すばらしい予想を期待しています。ではでは。

コメントの投稿

プロフィール

taipa

Author:taipa
私taipaが趣味の世界を中心にお届けします。

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -