FC2ブログ

記事一覧

中高年の山歩き 保手見峠から嵯峨山(前編)

檜洞丸に登った次の週くらいにいっぺんに10℃ほど気温が下がった。こうなると、暖かい房総の季節になる。2018年12月19日、年末であわただしくなる前にと、今シーズン初めて房総の山に向かった。

今回は、鋸南保田ICを下りてすぐの「道の駅保田小学校」に車を止めて歩く計画である。このあたりは昨年も来たが、長狭街道沿いに駐車できる場所はなく、奥に入る道は細い。道の駅に止めるのが安心である。

ただ、ここで計算違いが二つあった。一つ目は、車を駐めて早々、どこに引っかけたものか爪を割ってしまったのである。それなのに、いつも持っているはずの爪切りもバンドエイドも見当たらない。近場ということで油断していたようである。

割れたのが左手の人差し指という頻繁に使う指だったので、この日は一日中不便な思いをすることになった。何かのはずみですぐ血が出てくるし、痛くて使えない。リュックの紐を結ぶにも何をするにも、人差し指というのは大切なのである。

もう一つは、7時59分発のコミュニティバスに素通りされてしまったことである。通りの片方にしかバス停がないのでその前で待っていると、バスが通っているのは反対車線である。手を上げたのだがそのまま素通りされてしまった。

反対車線の時刻表も載っていたので、バス停の前で待っていれば大丈夫だろうと思ったのだが、ローカルルールというやつである。コミュニティバスなので勝手の分からない余所者は使わなくて結構ということなのかもしれないが、近距離以外は300円という料金設定からして、町外利用者を想定しているはずである。

せめて、「青バスは反対側でお待ちください」くらい書いてあってもよさそうなものだが、行ってしまったものは仕方がない。歩くのはお遍路で慣れている。バスで10分の道のりがどのくらいかかるか不明だが、あと2時間待つよりは早く着くだろう。

バスが走るのは長狭街道、鋸南と鴨川を横断する房総の幹線道路である。トラックが多く通るのは、砂利の運搬が多いためだろう。道はほとんど平坦なので右足と左足を交互に出していれば前に進む。時刻は9時前なので、まだ山の陰で日が差さない場所も多い。

意外と早く、見覚えのある小保田バス停を過ぎたが、そこから先が結構長くて、市井原のバス停まで着いたのは9時5分過ぎ、バスで来るより50分近く多くかかってしまった。バス停の前に、北へ向かう舗装道路が分岐している。ここを進めば第一目的地の保手見峠である。

車とも人ともすれ違うことなく、道は舗装道路から簡易舗装となって登って行く。しばらく民家はとだえていたのに、上水道の加圧ポンプ場の先にいきなり民家が集中している。瀬高という集落のようだ。

道なりに登って行くと、最上部の民家の前で行き止まりになってしまった。リュックを下して「房総のやまあるき」のコピーを確認すると、途中で分岐を見逃したらしい。そういえば、民家の入口だと思って入らなかった分岐があった。

(この項続く)

p.s. 「中高年の山歩き」バックナンバーはこちら。モバイルフレンドリー対応済。

↓ どれかクリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ


道の駅保田小学校は、朝早くても駐車場に入れる。ただ、コミュニティバスに素通りされてしまった。


バスで10分の道のりを1時間かけて市井原バス停へ。長狭街道から分かれて北に向かう。


民家も田畑もない道をずいぶん登ってきて、山の上に水道施設がある。さらに上に集落があった。

プロフィール

taipa

Author:taipa
私taipaが趣味の世界を中心にお届けします。

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -