FC2ブログ

記事一覧

四国札所歩き遍路 五十五番南光坊(前編)

前日は40km歩いて疲れ果ててしまい、お風呂に入って洗濯を終えると9時前だというのにベッドに倒れ込んで寝てしまった。真夜中に目を覚まして、だるい体に鞭打って太ももとふくらはぎにバンテリンを塗る。そして再びぐっすり寝る。朝方、寒気がして暖房をつけた。個別エアコンではなく集中冷暖房なので、調節できているかどうかよく分からない。

レストランは朝しかやってないしデリバリーはできないし、コインランドリーは時間制限ありだし本館と新館は離れているし、値段(朝食付き7,500円)ほどの宿ではないように思うのだが、前日フロントで満室と言っていたから、稼働しているし採算は取れているのだろう。

しかし、周囲をみると地元のホテルばかりで、全国チェーンのホテルは見当らないし、東横インやルートインなどビジネスホテルもない。そうしたホテルが進出してくればこのサービスでやっていけるか首をひねるところだが、いまのところは需要が供給を上回っているものと思われる。

そういえば、かつての松山市内がそうだった。最近、ようやくロイネットができたものの、東横インも比較的最近できたものだし、全日空ホテルや第一ホテルを除けば地場のホテルばかりだし、需要に供給が追い付いておらず予約を取るのがひと苦労だった。最近になってようやく大街道周辺に、新設されるホテルが多くなってきたのである。

午前7時の朝食開始から30分ほど遅れてレストランに入るが、心配したような混み具合ではなかった。無料ではないから頼む客はあまりいないし、だからフロントも朝食券を渡すのを忘れるのだろう。

朝食は意外とおいしかった。ロールパンとコーンスープ、ハムエッグ、ウィンナ、ナポリタン少々、マカロニサラダとグリーンサラダ、フルーツとヨーグルト。ロールパンはおかわりできて、飲み物がつく。前の晩はカップラーメンだけだったので、ロールパンは2つ追加してもらった。久しぶりにお腹いっぱいになってうれしかった。

前日に今治市街まで歩くことができたので、この日のスケジュールは大変に楽である。佐礼山まで山登りをしなければならないものの、移動距離としては15kmに届かないくらいである。朝もゆっくりできるし、いろいろ見る余裕がありそうだ。

午前8時半ホテル出発。前日にはこの時間すでに10kmほど歩いていたことを考えると、たいへん余裕がある。駅前に戻り、大通りを北上していく。ちょうど通勤時間帯だが、人も車もそれほど多くはない。適当なところで左に折れ、南光坊を探す。本当の街中であるので、ホテルから10分も歩くと見えてくる。

駅前からの最短距離を進むと、南光坊の山門を通らずに横から入ることになる。面白いことに山門横の「別宮山南光坊」の石碑は山門の外ではなく境内の側を向いている。

では山門はどこを向いているのかというと、もちろん大三島を向いているのである。お隣にある大山祇神社も、山門と並んだ位置に鳥居が建っている。そして驚いたことに、まだ9時前だというのに大型の観光バスから遍路姿のお年寄りが大勢下りてくるのである。

ここでは団体客と個人客は別に対応してくれるのは分かってはいるが、50人近いご朱印帳が来るのでは大変である。リスクヘッジのため、お参り前に納経所に向かう。

(この項続く)

p.s. 「四国札所歩き遍路」のバックナンバーはこちら。モバイルフレンドリー対応済。


↓どれかクリックしていただければうれしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路・巡礼へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ  にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ  にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ  にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへ



南光坊には今治駅前の通りを進む。通勤時間帯のはずだが、ひと通りは決して多くはない。


海側には立派な仁王門が立つ。境内は中に駐車場があるくらい広い。門の内側に向かって石碑が立っている。


南光坊本堂。バス遍路の朝のコースになっているのか、まだ午前9時前なのに人でいっぱい。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント