FC2ブログ

記事一覧

雨の天空回廊で大苦戦 日光霧降高原(前編)

6月に上高地でテン泊した後、7月は信じられないほどの酷暑が続き、8月は1週間おきに台風が来た。定期的に山に行きたいのに、そんなこんなで2ヵ月、間が開いてしまった。10月には第9次のお遍路を予定していて、あと2ヵ月を切った。今回の区切り打ちでは横峰寺、雲辺寺と標高の高い札所があり、締めくくりに金毘羅さまにお参りする予定である。相当綿密に足慣らしをしておかないと、息切れをしてしまうおそれがある。という...

続きを読む

望遠鏡で樹間から槍が見える 槍沢ロッジ(完結編)

槍沢ロッジは横尾から1時間半だから、上高地バスターミナルからは約5時間奥にある。槍沢を詰めて稜線に登れば槍ヶ岳で、あと4時間苦しめば天下の槍ヶ岳に達することができる。今回は、槍沢ロッジで引き返して小梨平に戻ったが、この話をキャンプ場のスタッフさんに話したところ「どうせならババ平まで行けばよかったのに」という意見であった。ババ平という所を知らなかったのだが、帰ってから調べたところ、槍沢ロッジから1時...

続きを読む

地図に載ってないきれいな水場を経て奥へ 槍沢ロッジ(後編)

横尾山荘から槍沢沿いに入る道は、これまでとは全く違った細い道なので最初はびびった。ただ、しばらく進んでも林間の平らな道だし、路盤には細かな砂利が敷かれて歩きやすいし、ちょうど槍ヶ岳方面から下山してくる大きなリュックの人達とすれ違ったので落ち着いた。よく見ると、奥多摩・丹沢の普通の登山道と変わりはない。はじめのうち梯子や急傾斜があったが、その後は横尾までと同じ沢沿いの道で、違うのは道幅だけである。地...

続きを読む

横尾山荘前には自動販売機があった 槍沢ロッジ(中編)

徳澤園を過ぎて、林間の登山道を進む。すぐに左右に分かれるが、左の道は作業道のようで道標は右を指示している。引き続き道は平坦で、距離がどんどん出る。小梨平キャンプ場から横尾まで片道約12kmあるから、山歩きというよりもお遍路のようである。10分ちょっと歩くと、梓川に大きな橋がかかっている。新村橋である。ここを渡り、屏風岩の上を通って涸沢に登ることもできる。距離は相当短くなるが、強烈なアップダウンがあるので...

続きを読む

中高年の山歩き 槍沢ロッジ(前編)

前日に徳本峠への「縦方向」を歩いたので、この日は横尾方面への「横方向」である。標高差900mの登り下りをしたのでどこか痛くなるかと心配したが、テン泊にもかかわらず朝の体調もまずまずでどこも痛くない。眠りが浅いのは仕方ないけれど、真夜中の12時から2時くらいまでの記憶がないので、そこそこ眠れたようである。今回の遠征では、テン泊で体調を崩さないことが最大の目的であり、計画通り歩けなかったとしてもあまり気にす...

続きを読む