FC2ブログ

記事一覧

アースダムの犬塚池を越えて仙遊寺へ 五十八番仙遊寺(前編)

八幡宮には午後1時の時報が鳴るまでいた。市街からだろう、サイレンかチャイムのようなものが聞こえた。今治市街・瀬戸内海を望む大変いい景色で、また風もなく暖かい日だったのでゆっくり過ごすことができた。仙遊寺の宿坊には、午後3時到着と伝えてある。遍路地図には五十三番・五十四番間の所要時間は40分と書かれているが、山門を過ぎてから本堂まで20分かかるという情報もある。標高255mと2.4kmから考えて、標高差で40分、...

続きを読む

もともとの札所・八幡宮をお参りする 五十七番栄福寺(後編)

栄福寺の境内はコンパクトで、参道がUの字型になっている。だから、石碑のある入口の真横、石垣の裏が本堂となる。本堂の前、山側に大師堂、Uの字の底辺のところに売店と納経所がある。駐車場の奥に見えた大きな建物は、庫裏兼ご住職一家の自宅のようだ。こちらのご住職は先代のお孫さんにあたり、大卒後すぐにこの寺を継いだ。納経所前の本堂に向かうところに掲示板があり、ご住職の著書「ボクは坊さん」のポスターが貼られてい...

続きを読む

四国遍路無縁墓地と高齢者福祉施設 五十七番栄福寺(前編)

泰山寺を11時10分前に出て、蒼社川に向かって下りて行く。蒼社川と並行して、国道317号が通っている。この国道は松山から海沿いを走る国道196号と直交して、山の中を松山に向かい、石手寺の前に出る。道路工事中の箇所を抜けて15分ほど歩き、11時過ぎに国道317号に出た。さて、ここで片付けたい用事が二つあった。一つは昼食をすませること、もう一つはこの日の宿である佐礼山に備えて食糧の補充をしておくことである。遍路地図を...

続きを読む

今治駅から反対側をまっすぐ進む 五十六番泰山寺

南光坊から再び駅の方向に戻り、線路の下をくぐって南側に出る。こちらの駅前も人通りは少なく、遍路シールが貼ってあるのも平和である。次の泰山寺までは、駅から伸びる道をひたすらまっすぐ進む。ここ今治市は江戸時代の城下町から現在に至る地方都市なのだが、同じく城下町であった宇和島、大洲と比べてひと通りも車通りも少ない。駅前の大通りも信号を渡るたびに細くなり、とうとう一車線の住宅街になってしまった。この日も天...

続きを読む

四国札所歩き遍路 五十五番南光坊(後編)

別宮山南光坊(べっくさん・なんこうぼう)。山号に残っているように、もともとの札所は別宮である。別宮というからには本宮があるはずで、本宮は大三島にある大山祇神社である。真念「道指南」では札所を「三嶋宮」としているが、「海上七里有 故にこれより拝む」として、お参りするのは別宮までとしている。松山市には右衛門三郎と一遍上人の伝説がある寺が多かったが、今治市に特徴的なのは越智氏・河野氏につながる札所が多い...

続きを読む

プロフィール

taipa

Author:taipa
私taipaが趣味の世界を中心にお届けします。

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -